UTA-SORA2018ありがとうございました #ウタソラ

10thアニバーサリの開催だった#ウタソラ ですが、ささごんたで最初に出たのは2011年だったようです。第三回かな。まだ会場がオマケットパークになる前の『唄+空まつり』というイベントタイトルの頃でした。そして翌年2012年のの唄+空まつりにも出演させていただき、諸事情によりおれらはしばらく活動休止期間に入るわけですが、んで次に出たのは2015年。その時は現在のフォーマットである「UTA-SORA」になってました。(そこのブランクの間も、この投稿を書いてるKb.ごん自体はキーボーディストとして他のバンドの出演でちょこちょこ出させてはいただいておりました)そこから2018の今回まで連続で出演させていただいております。ありがたいことです。主催のMIUMIUさんには本当にお世話になりっぱなし。ささごんたでも他のプロジェクトでも、いつもありがとうございます!

そんな10年目のウタソラ、今年も出演させていただきました。ありがとうございます。参加してるここ数年思うのは、まるで同窓会のようなイベントだなあと。ウタソラでしか顔を合わさないアーティストの多いことwみんな県内外シーンでおおいに活躍されてる人たちばかりで。そして若い!出てるメンツの中ではおれらがもしかして最年長クラスかもしれない、バンドの平均年齢だとw(ちなみに今回の大トリ・ミ○タ×のリーダーなどはおれと同い年ですがw)

まあ年の話はどうでも良い。今回はなんと初のトッパーでした。トッパーとしての役目ってあると思う。でもですね。そこ空気読み過ぎるのってどうなんだろう、とおれは以前から思ってて。

『忖度』って流行ワードがあります。意味わかんないっすね。おれはそういうのは悪だと思ってるところがある(個人的見解ですのでスルーしてくださいw)あと、さっきも書いたが若いアーティストが多いウタソラなので、クソジジイの気合を見せてやったろ!という老害なあれも若干wwwまあいいんだけどさ。

まあまあ、そんな感じなので、逆に、いつものウタソラの出演時よりも濃厚な感じに行こうと思ったわけです。そのセットリストがこちら。

Setlist

  1. さんぽ::ver.2.1 (Koji Nakajima)
  2. うわのそら::ver.2.01 (Sasagonta)
  3. Indigri-la (DJ Nekoponta)
  4. Bandwagon::ver.2.1 (Taku Sasahira)
  5. Still life (Gon Takahashi)
  6. ささたんご::ver.2 (Go Nagano)

おなじみの曲をセットから外し、あたらしめのを主に採用、しかも従来のアレンジからだいぶ逸脱してみました。ノイジーかつ美しいイノセントな音響を楽しんでいただこうという。特に最後の曲では、各メンバーによる別々な本の一斉朗読というインスタレーションを試み、それをイントロ、アウトロに導入。言葉の持つサウンドのシンセサイズとも言えばいいんでしょうか、昭和の雑踏の感じというか、アンチハーモニーによるハーモナイズと言えばいいのか。そんなことを野外でやってみたくて。聞いた皆様あれはどうだったでしょうね?w

で、次のライブは6/17(日曜日!!!)にやります。名古屋の『マチルダマーチ』が来てくれるので、半年くらいぶりのジョイントです。盛岡GLOBEです。絶対来てね!詳細はのちほどこちらにも書きます、よろしくお願いします。

Photos

おまけ:今回のUTA-SORAようのメインビジュアル

 


カテゴリー: DIARY | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です