作曲者ライナーノーツ「Prairie」

Prairie(music by Taku Sasahira)

スクリーンショット 2016-04-20 0.21.59

ベースの笹平です。アルバム3曲め『Prairie』について。プレーリーは、北米大陸の真ん中に広がる大草原地帯です。プレーリードッグが有名ですね。

ささごんたでは、YMOのカバーを中心に演奏していた時期があって、坂本龍一の『黄土高原』がレパートリーに入っていました。セカンドライン的なリズムにフォーキーなギターが乗っかるオリジナルアレンジがすごく良かったんですよ。ごんさんから『天気輪』が上がってきて、これからオリジナル曲中心にシフトしていくと考えたときに、ささごんた版『黄土高原』を置き換える曲がほしいな、と。そんなわけで中国の黄土高原に対抗して(?)北米のプレーリーを持ち出したという。設定的には、ニューオーリンズのリズム隊と、スコットランド系のウワモノがアメリカのど真ん中でセッションしてるイメージです。野外の、自然豊かな会場で演奏するとめちゃくちゃハマる曲だと自画自賛。

楽曲的には、できるだけシンプルに、メロディが印象に残るように作りました。Aメロの同じメロディの繰り返しが、コード進行によって違う感じに聞こえてたら大成功なんですが。間奏で出てくる『Scotland The Brave』は、よくバグパイプで演奏される曲です。ビートルズの『All You Need Is Love』にフランス国歌が入ってるやつ、あんな感じをイメージしてます。ちなみにピアニカでバグパイプ風に演奏するのは大変らしいですよ。

この曲ができたことで、ささごんたは「メンバーがそれぞれ曲を持ち寄るバンド」という方向性が決まったんじゃないかと思ってます。自分としては、そういう意味でも価値のある曲ですね。


カテゴリー: DIARY | 1 コメント

One Response to 作曲者ライナーノーツ「Prairie」

  1. Pingback: オーガニックフェスタinいわて2016 ありがとうございました | ささごんた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です