作曲者ライナーノーツ「Prairie」

Prairie(music by Taku Sasahira)

スクリーンショット 2016-04-20 0.21.59

ベースの笹平です。アルバム3曲め『Prairie』について。プレーリーは、北米大陸の真ん中に広がる大草原地帯です。プレーリードッグが有名ですね。

ささごんたでは、YMOのカバーを中心に演奏していた時期があって、坂本龍一の『黄土高原』がレパートリーに入っていました。セカンドライン的なリズムにフォーキーなギターが乗っかるオリジナルアレンジがすごく良かったんですよ。ごんさんから『天気輪』が上がってきて、これからオリジナル曲中心にシフトしていくと考えたときに、ささごんた版『黄土高原』を置き換える曲がほしいな、と。そんなわけで中国の黄土高原に対抗して(?)北米のプレーリーを持ち出したという。設定的には、ニューオーリンズのリズム隊と、スコットランド系のウワモノがアメリカのど真ん中でセッションしてるイメージです。野外の、自然豊かな会場で演奏するとめちゃくちゃハマる曲だと自画自賛。

楽曲的には、できるだけシンプルに、メロディが印象に残るように作りました。Aメロの同じメロディの繰り返しが、コード進行によって違う感じに聞こえてたら大成功なんですが。間奏で出てくる『Scotland The Brave』は、よくバグパイプで演奏される曲です。ビートルズの『All You Need Is Love』にフランス国歌が入ってるやつ、あんな感じをイメージしてます。ちなみにピアニカでバグパイプ風に演奏するのは大変らしいですよ。

この曲ができたことで、ささごんたは「メンバーがそれぞれ曲を持ち寄るバンド」という方向性が決まったんじゃないかと思ってます。自分としては、そういう意味でも価値のある曲ですね。

カテゴリー: DIARY | 1 コメント

作曲者ライナーノーツ「Bandwagon」

Bandwagon(music by Taku Sasahira)

スクリーンショット 2016-04-20 0.21.59

ベースの笹平です。『Bandwagon』はアルバム収録曲の中では最も新しい曲です。

他の曲にないテイストをささごんたに持ち込めたら、というのが発想のスタート。うっすら怖いような、それでいて耳を離せないみたいな曲が作りたいなあ、と。浮かんできたのは『ハーメルンの笛吹き男』とかサーカスのパレードのイメージでした。子どもの頃に観た、サントリー・ローヤルのCM(1983年のランボーのやつ。小人や火吹き男やジャグラーが列を作って歩いてる映像)が好きだったし、あんな雰囲気を出したかったんですよ。

「へんなバンド」らしく、3拍子系(6/8拍子)でリズムを作って、鼻歌でメロディーを乗せていきました。そのメロディーが難産でしたけど。間奏のソロは長野さんとごんさんにお任せしたところ、作曲者の意図を汲んでもらって無国籍感と怪しさがさらにプラスされたと思います。中島さんのホーンはミニチューバとユーフォニアムを使い分けてもらってますね。

タイトルは最初『ハーメルン』にしようかと思いましたが、レピッシュと同名曲になっちゃうので『Bandwagon』に。この曲を演奏しながら練り歩くのが理想なんですけど、エレキベースとパーカッションは難しいですよね。バンドワゴン=楽隊車ならOKだろうってことでこのタイトルです。

「どこかに連れて行かれそう」と感じていただけたら嬉しいです。

カテゴリー: DIARY | 2 コメント

作曲者ライナーノーツ「天気輪」

スクリーンショット 2016-04-20 0.19.33Key.ごんです。無事に1stアルバム発売しましたがみなさんお聴きになりましたでしょうか?

せっかくなので、本作の収録曲についてのライナーノーツなど書いてみようかな?なんて思いました。手始めにタイトルチューンからいってみます。

天気輪 (music & arranged by Gon Takahashi)

概要

この曲は今を遡る東日本大震災の1年後に当たる今から4年前、2012年に作りました。ささごんた初のオリジナル作品です。

自分自身が花巻出身・在住ということもあるのか、ないのかわかりませんが子供の頃から宮沢賢治の作品が好きで「銀河鉄道の夜」も例に漏れず好きで。作中に「天気輪の柱」というモチーフが出てきます。ご存知ない方はぜひ宮沢賢治作品を参照頂ければと思います。

天気輪とは(諸説あるようだけど)もともとはチベット仏教の「マニ車」にルーツを見ることができるようです。そこから語感的に、宗教的でもあり、土着的でもあり、祈りと、祝祭感などもあり、ビジュアル化した場合に自分の中では、プリミティブな闇の中に光る何か純粋なものをその言葉に見出します。

このワードを「天気」と「輪」に分解した場合にも「時間」そのものを感じます。そして音楽そのものでもあるなあ、とも解釈できる。

楽曲について

記譜上のキーはシャープもフラットもないハ長調なのですが、モーダルな音階を多用し調性感を曖昧にしました。出だしからCのダイアトニックスケールには含まれないBフラットをベース音に使ったり、サビ前のキメのフレーズは短調とも長調とも取れない旋法を使ったりなど、音楽的なコンテキスト・アーキテクチャーも曖昧にしてみました。が、小難しいこともなく聴きやすい音楽として成立させよう、というところもありサビではペンタトニックスケール使ったり。謎な音楽ですが、聞いた人にとって祝祭感を少しイメージしてもらえるといいなあ、なんて思って作ったのかもしれません。

編曲について

インド系のタブラのサウンドを使ったり、あんまし空間を埋めないファンクっぽいベースラインを採用したり、ウワモノにはクラシカルな管弦楽的な手法を採用したり、世界に広がる音楽のコンテキストをあえて雑多に用いることにより、やはり世界の祝祭感を表現したかった、のかなと思います。

今回のレコーディング

最初に2tr.一発どりしたのは笹平さんのベース、長野さんのガットギター、高橋くんのカホンとタブラ(=wavedrumによるもの)とシンバル、中島さんのユーフォニアム、そしてごんのガンザとタンバリンでした。

その2mix上に後日、オーバーダビングでごんのHOHNERメロディカを2パート(バッキング、アドリブソロ)、中島のバルブトロンボーン、長野のスティールギターを加えました。

参考映像

こちらは初演時の天気輪です。アレンジが昔からさほど変わってないね。みんな歳はとったけどねw

カテゴリー: DIARY | 1 コメント

2016.04.23盛岡GLOBEありがとうございました

IMG_7365今日のライブにCDリリースのタイミングを合わせていたのですが、おかげさまで大盛況で、うちらも楽しくリラックスしライブができました。見に来ていただいた皆さんそしてGLOBEキョージさんゆりこさん、物販まで引き受けてくれました買円隊のみなさまありがとうございました。そしてCD買っていただいた皆さん御礼申し上げます。これからもささごんたを応援のほど、何卒よろしくお願い申しあげます!

setlist

  1. Bandwagon (作曲:笹平拓・編曲:ささごんた)
  2. さんぽ (作曲:中島浩司・編曲:ささごんた)
  3. 天気輪 (作曲・編曲:高橋ごん)
  4. Halfsleep (作曲・編曲:高橋ごん)
  5. Prairie (作曲:笹平拓・編曲:ささごんた)
  6. Pistaciavera (作曲:長野剛・編曲:ささごんた)
  7. ガムシ遊泳 (作曲・編曲:長野剛)

次回の出演は5/8 UTA-SORAです!水沢。

カテゴリー: DIARY | コメントをどうぞ

いよいよ本日発売!

フライヤーB5banner

1st album

ささごんた「天気輪」

  1. 天気輪 (music: Gon Takahashi)
  2. Bandwagon (music: Taku Sasahira)
  3. Prairie (music: Taku Sasahira)
  4. ガムシ遊泳::remix (music: Go Nagano)
  5. Halfsleep (music: Gon Takahashi)
  6. さんぽ (music: Koji Nakajima)
  7. Pistaciavera (music: Go Nagano)

以上7曲入り、販売価格は1,000円です(税別)

ライブ会場の手売り、または田舎laboにてお買い求めくださいませ。

また本作は全国流通はしませんので、岩手から遠方の方については通販で対応します。(送料はご負担いただきます)購入される方はバンドメンバーへ直接、または田舎labo レーベル事業部イナカレーベル(0198-29-5991 http://inakalabo.jp )までご連絡くださいませ

カテゴリー: SCHEDULE | コメントをどうぞ

【速報】2016/4/23ファーストアルバム発売します!

オリジナル曲がなんぼかたまってきたので、初の音源作品を作ってみました。つか、今度こそ出します。下記のようなデザインのジャケットのCDになります。(デザイン中のIllustratorのスクショです)

スクリーンショット 2016-04-20 0.21.59

全7曲収録されています。バンドメンバーのほぼ全員が作曲をしていて、楽曲ごとに各々の個性も出てておそらく聞いてて飽きないと思います。演奏は荒いと思われるかもですが現段階のうちらのスペックとしては目一杯かなあ。といったところ。

録りもMIXもマスタリングも完全に自家製、しかも今回はCD-R作品になりますが、現段階のささごんたの総力をデータとして残します。一応フルアルバムです。1,000円(税別)で今度の土曜日から出演するライブ会場を中心に販売予定でございます。店舗販売は取り急ぎ田舎laboで予定してますが、ほかはまだまるで決まってません。そして本作は私が運営している田舎laboの新規部門・レーベル研究室『イナカレーベル』での初のコンテンツになります。

この今回の作品が、気長に音源リリースを楽しみにしてた皆さんの期待に応えられているようでしたら嬉しいです。お手元に届くまでもうちょっとお待ちくださいね!アルバムの内容、イナカレーベルについてなどいろいろ書きたこともあるのですが、そこらへんはまた改めて書きます。

カテゴリー: SCHEDULE | 2 コメント

2016/6/5(日) ポラーノまつり2016に出演します

12976873_658652434272875_3716767300927178583_o

昨年に引き続き、今年もポラーノまつりに出演することになりました!岩手県紫波町西部にありますラ・フランス温泉に隣接するビューガーデンさんで開催されるクラフト・飲食・音楽などをお楽しみにいただける野外イベントです。大自然オープンエアーな会場×ささごんたのサウンドは相性かなりいいと自負しておりますのでオススメのイベントです。

12998170_658652584272860_2072812956468239285_o

我々のステージは2016/6/5(日) 11:30からとなっております。概ねお昼時でもあるので、クラフト出店を見て回ってお腹が空いたら飲食ブースでおいしいものを買って食べながらでもゆっくりと聞いていただけたらと思います!よろしくお願い致します。いやあほんとここのロケーションは最高です。岩手で一番眺めがいいと思ってます個人的には。

カテゴリー: SCHEDULE | コメントをどうぞ